にきさんすけのバラエティショップ

通販商品やいろんなカルチャーを紹介してます

テレビアニメ「刀鍛冶の里編」放送発表記念 漫画「鬼滅の刃」おさらい

大ヒット漫画「鬼滅の刃」を「刀鍛冶の里編」

制作公式発表記念でおさらいしておきます

 

「刀鍛冶の里編」は12巻からとなっております

 

<解説>

この漫画、「週刊少年ジャンプ」で連載されて

いましたが女性読者向けに作られていたんですね

まあジャンプ作品の中で女性読者が増え始めたのは

キャプテン翼」あたりからでしたか

 

その後「幽遊白書」で飛影と蔵馬が

人気となって(ふたりのスピンオフ作品「TWO SHOTS」が描かれるくらいでしたね)

 

るろうに剣心」や「テニスの王子様」があって

 

 

銀魂」「BLEACH」が来て今に至る訳ですが

 

 

こうして並べてみると、まあいわゆる「腐女子」の

方の好物でもある訳ですが…(;^ω^)

 

この漫画に出て来る「鬼」ですが

「鬼に噛まれた者も鬼になる」ことから「吸血鬼」ですよね?

「吸血鬼もの」はコンテンツとしては

女性人気がありますからね

 

内容は「主人公が鬼と闘っていくバトル物」という

少年漫画の王道、敵である鬼は誰もが持っている黒い感情の

具現化したもので、炭治郎達はそれと対峙していきます

 

彼らは「嫉妬」「無感情」「力への渇望」「虚偽」

「傲慢」「虚栄心」「孤独感」等が人の形をなしたものであり

能力はいわゆる「チート」なのでズルいくらい

強いんですよね

 

そこで事あるごとに「鬼になれ」「こっちに来い」と

勧誘というか誘惑されます

 

そりゃ切られても瞬時に回復するんですから羨ましくも

なりますし、実際鬼滅剣士だったのに寝返った人が

いるのもやむを得ませんよね😅

 

だけど炭治郎はそちら側に行かない

ここで炭治郎のキャラ設定が「ありえないほどいい子」が

生きて来てストップ出来てるんですよ

 

そもそも妹が鬼になったのをなんとかしたいと

いうのが鬼殺隊に入った動機ですし

 

だから最終巻、無惨との戦いで炭治郎が鬼になりかけるのは

そうとうヤバイって読者が思うわけで

 

そして「自分が生き残る事しか考えていないひとりぼっちの無惨(我々現代人)」が

「他人の為に自らを犠牲にした炭治郎」に倒されて

「周りの今まで出会って来た人たちに救われる」のは現代人が

欲している「絆」ですよね

 

ジャンプの三大要素「友情」「努力」「勝利」も

ありますが

 

この作品は「絆」の漫画なんですね

 

全ての決着がついた後、故郷に

戻ってくるのは「行きて帰りし物語」だからですね

 

最後の鬼殺隊の面々が現代に転生した話ですが

おそらく作者が作中で結構ひどい目に合わせちゃった

事の申し訳ない気持ちで描いたのではないかと推測します(;'∀')

<作者の性別は?>

作者の吾峠呼世晴先生ですけど性別を公表してないんですよね

それで作者は男性か女性か論争があって

名前がアナグラムになっていて「ごとうげこよはる」が

「ごとうはるこ(後藤晴子)よ」になるんだそうな

 

私が調べたところ「吾峠呼世晴」の読みを

変えて「おとこよばれ」になるので女性になるから

どちらにしても作者は女性であるのが濃厚みたいですね

 

まあこれで「実は男性でした」でも面白いですよね😆