にきさんすけのバラエティショップ

ASD自覚者(確定診断未実施)が、映画や漫画等の感想を書いてます

「女体化」「女性キャラ」というフック 「お兄ちゃんはおしまい!」を観て

冬アニメとしてニコニコチャンネルで、「お兄ちゃんはおしまい!」

というド変態アニメ(褒め言葉)を見ていたのですが

 

表現としては、娯楽に振っていて楽しく視聴しました

youtu.be

 

原作は1巻のみ読了(kindleunlimitedで無料)↓

 

ありがちな疑問ですが、アニメや漫画、ゲームで

「女体化」や「必然性もないのに女性キャラを主人公にする」

という表現がありますけど、なんでそういう事をするのか?

 

もちろん「気持ち良いから」ですよね

 

例えば「ガールズ&パンツァーガルパン)」なんかは

キャラクターが女性である必然性って無いんですよねー

 

ガルパンを否定したい訳では無くて、私も

好きなコンテンツですが、この作品男性キャラでも成り立つんですよね…

 

劇場版の出来の良さは本当に凄かったです😆

 

作り手としては、「昔の戦車同士を戦わせたい」という

コンセプトで、その企画を通す為にはむさくるしい

男性キャラを使う訳には行かず(そうすると小林源文先生作品になっちゃう👇)

 

アニメを見てもらう為の「フック」として主要登場人物が女性キャラなんだと

 

ストライクウィッチーズ」は、まああんな表現日本でしか

出来ないんですよねー、野郎にあんな恰好させるわけにも

行きませんし…

 

ざっと挙げてみると

・「ヤマノススメ

・「ゆるキャン△

・「Do It Yourself!! -どぅー・いっと・ゆあせるふ-」

・「Fate(歴史上の人物が基本女体化)」

・「ウマ娘プリティダービー(馬を女体化!)」

・「けものフレンズ(獣を女体化!)」

等、まだまだあるんでしょうけど、ちょっと浮かぶだけでも

結構出て来て、なんかもう日本の特産品ですよねこうなると😅

 

髭の剃り跡のあるオッサンを主人公にしても

お客さん来てくれないですからねー🤣

 

ハリウッド映画だと「女装」止まりですし…

最凶女装計画」とかありますけど👇、この映画その年の

ラジー賞(最低映画賞)にノミネートされたそうな

 

「違うそうじゃない」感が…でも面白かったですけどね(^^ゞ

 

マトリックス」の「ウォシャウスキー兄弟」なんかは

性転換して「姉妹」になっちゃってますけどね(;'∀')

 

「性転換」では無くて「女体化」という所が

ポイントで、性転換だと「トランスセクシャル」という

社会派な趣きが出てしまう為、あくまでも「女体化」

 

ちょっと問題意識のある、「猿の惑星」の様な

転倒した世界を描いた「貞操逆転世界」なんかもありますが

 

ホモソーシャル」を逆照射される!

 

結論としては「消費社会の頂点と見做されている存在」が

「若く容姿に優れた女性」だからなんですよね

 

「資本主義ガー」等とイキるつもりも無いですし

私もこういったコンテンツは嫌いじゃないのですが

なんかちょっと多いというか、もはやデフォルトに

なっている様な気がしたのでつらつらと書いてみました

 

資本主義から降りられる訳でも無いですし…

 

あ、また鬱っぽい結論になってしまった!😮‍💨